イケイケドンドンで相場を張っていた人たちも今回の暴落相場で自信を失ってしまったかもしれません

今までは「相場なんて適当に買って適当に売れば儲かるという感じでやれば金融資産は確実に増えていくものだ。」といってイケイケドンドンで相場を張っていた人たちも今回の暴落相場で自信を失ってしまったかもしれません。

そのような個人投資家にありがちな行為は今までの裁量投資からアメリカ株の高配当銘柄への投資を考えると思います。

彼らは「高配当銘柄ならば、たとえ株が暴落しても配当金をもらいながらその株を持ち続ければいい。」という風に考えるのかもしれません。

しかし、投資の自信を失った投資家がそのような高配当銘柄に買いを入れる時期というのはすでに市場は上げ相場から下げ相場とは言わなくても、相場の踊り場になっている時期であることが多いのです。

私は株は短期投資と長期投資を組み合わせてやってきているので、市場が崩壊しようがどのようになろうが今の投資方針を変えるつもりはありません。私は柔軟性に欠きますが、この投資方法で今まで生き残ってこれています。キレイモ 顔脱毛