お天道様の野心などについて実践しました

日などについて学習しました。日のメインの気温は約1600万K、扇動は2.4×10Paをこえます。こうした熱量高圧の成分では水素の原子核どうしが凄まじく衝突し、4個の水素原子核が1個のヘリウム原子核に達するルーツ融合が起こり、こういうとき失われた質量がバイタリティーとなって発光されています。こういうルーツ融合は気温と扇動が良いほど活発な結果、ほとんどが日のレギュラー四方で起こってあり、発生したバイタリティーは発光・対流などによって日表に運ばれていらっしゃる。日のメインから放射されるバイタリティーは波長の非常に少ないγ線ですが、外部にすすむにつれて理解・発光をくり返し、徐々に波長の長いものに変わります。日表からは、主に輝きや赤外線が宇宙余白に発光されます。日を特別すると、地球に最も近い恒星でも光線の速さで4ご時世以外掛かる間隔にあります。このように遠く離れた恒星の属性も、天体計測キャパシティーの生育によって徐々に明らかにされてきました。やけに勉強になりました。

小説家の人のことでいろいろ思っていること

作家の桐野夏生さんの小説は一度も読んだことがありませんが、名前は「きりのなつき」と読むものと思っていまして、女性だろうと思っていました。ある日、この名前が「きりのなつお」と読むことを知って、ああ、男性だったのかと思い改めました。そして、またある日、何かの雑誌に、写真が出ていて、え?女性?と知りました。名前は「きりのなつお」で「なつき」でなく、「なつお」で女性なんですね。行ったり来たりしましたが、ようやく判明した次第です。ライターの人って、まあ確かに長年、沢山小説を作っては応募して落ちまくってきた努力は分かりますが、一度何か賞を取ってその後売れる先生になった場合は、その後は気楽なもんですね。朝方の人と夜型の人がいて、朝方の人は普通のサラリーマンのように朝早く起きて、冴えきった状態ですぐに机に向かい数時間して朝食を取って、のんびりするタイプと、深夜の朝方まで仕事して、朝寝て昼頃起きるというタイプの2通りです。いずれにしろ、売れてしまえば気楽な商売ですよね。