以前ほど花が咲かなくなったら、大地をチェックしてみましょう

ガーデニングを楽しむようになって20ご時世ほどになります。年々この時期にはインパチェス、年中草、サフィーニア、サルビア等を植えています。ガーデニングがホビーといっても、賢く花を咲かせることができるかどうかは偶然まかせ。何だか思うようには咲いてくれません。年々、安定して華やか豪華に花を咲かせることのできるサイドはうらやましいだ。いっぱい模索されてきた結実なのでしょうか。

私のパターン、苗を植えて最初の花がチラホラ咲く時までは順調にいくのですが、どういうわけか、直後が途切れるのですね。梅雨の時分からトラブルを来し、夏場がきても復興せず。昨年はなかでも悲惨で皆殺しシーンでした。どうかなぁと半泣き顔。これではいけないと奮起して、自分が至らなかったとおもう点を洗い出してみることにしました。

すると、思いあたる点がペラペラ出てきました。断然障害の理由と見えるのは、植木鉢の土壌が古くなって、固まってしまい、苗が根を賭けることができなくなっていた趣旨。苗を植える時折スコップで土壌をほぐしてから植えていた予定ですが、何回も水やりをしたり、降雨に打たれている間に土壌が固まって水はけが悪くなっていたようです。そうすると、根が腐っていきます一品ね。苗にはゴメンナサイことをしたと思います。

今年は、おんなじ停滞を繰り返さないよう手持ちの土壌に活性剤をOK混ぜてから植え付けました。すると、せめて今のところは、前年とは全く違う様子です。とりわけ熱意みたい。梅雨のチャンスを上手くこせるかどうかはまだまだわかりませんが、今年はまだまだ見越しがもてそうです。何事も、手を抜いているようではダメですね(反省)。

宇宙のひろがりについてとキャリアについて教育

宇宙になどについて受講しました。宇宙の総質量は、日の質量の約2000億ダブルだ。日のところは、銀河箇所で大半から約3万光年中心は、いて座の針路だ。赤経は、17折42取り分4秒だ。赤緯は、−28°55’だ。プレアデス星団の灯は、今から410時世前方(コロンブスの時代)に放たれた灯だ。地球が日のまわりを回っていることは、現代のわれわれにとっては当たり前のことです。しかし、かねてから人間は宇宙の中心に地球があって、地球のまわりを日や月などのすべての天体が回っていると信じていました。そんな視点を天動説といいます。天動説を確立したのは2世紀間まで大きく信じられていました。地球が動いているということは、あんまり日常の一生からは気付きづらいものなのです。火星の動きを観察していると、時にはあべこべのルートに働くのがわかります。そんな動きを天動説で批判しようとすると、いやに複雑なタイプを考えなければならなかったそうです。かなり勉強になりました。http://www.infocarte.org/