田辺聖子君の力作を生まれてやっと読みました。

あたいは今まで一度も田辺聖子氏の作品を読んだことはありませんでした。明るくて綺麗なメインですなぁと、完全にメインに惹かれて読み始めたのが、『美味しい方法と恋の会話』(田辺聖子著)。称号もとっても惹かれました。女性はほとんど、おいしい方法と恋の物語があれば喜びます。それに少々のスパイスが効いていれば、なおさらだ。こういう正式には「卵に目鼻」「空想とぼとぼ」など9エディションが収録されていました。読み進めていると、キャラの一人ひとりのスピリットが伝わってきました。それも誹謗無く、さくっと私のおっぱいの中に押し寄せるみたいでした。本当にすべてのお伝えが面白かっただ。通勤中、汽車で読んでいた時に、思わずうっかり、うふっと動画をあげて笑ってしまったほどだ。田辺聖子氏の他の作品もとにかく読んでみたくなりました。メインに惹かれて、安易に興味を持って読んでみましたが、意外にも心に大的中しました。田辺聖子氏について調べてみると、スヌーピーがお贔屓と書いてあって、それもまた可愛らしくて惹かれました。