鞍馬山から五条大橋までは、相当に遠いです

華に残酷物語という、韓国ドラマがも白かったです。久々です。本当に残酷でした。時代背景を今一歩よく知らないので、そのあたりから見たかったです。2時間続けてやってもらえるので、見やすいということもありました。
宮廷は狭いので、権力争いがあるのでしょう。
罰のすごさが、怖かったです。側室の皆さんも、髪型もはじめのころとは違い、今に近い様子です。カみを編んで、頭に巻くというスタイルは、大変ですから。日本も,おお滑らかしを結うのも大変だったと思います。昔は、どの方法でしていたのでしょう。ただし、平安の絵巻物には、ただのロン毛のような上方のお姫様しか映っていないので、時代は、少し後なのかもしれません。
日本も、平安物をやるとなると、時代考証から大量です。いつも思うのは、鞍馬山から、五条大橋に毎晩出てきたという義経ですが、相当に遠いです。私なら、一晩歩いてもつけません。そのくらい遠い道です。真っ暗だと思います。