家で出来る運動を5分間だけやってみました

昨日は運動を全くしない私が珍しく運動をしました。
体力作りの為に。
運動とは言っても簡単なことなのですが、その場で足踏みをして手を振りながら行うだけです。
体調が悪い&障害を持っている私にとってはとても大変なことです。
これを5分間休まずやれというノルマを自分に与えました。
普通の人なら5分くらい歩き続けることは容易に出来ると思いますが、私の体ではそれが出来ません。
外に散歩にしにいって、もしギブアップして倒れてしまったら怖いなと思ったのでまずは家の中で足踏み運動から開始することになりました。
この運動をしている時にテレビで障害を持つ人達の経営をするお店を 紹介されているのを見ていたのですが、此処の店の障害者達は自力で通勤もしているそうです。
私の障害とはまた違うのかも知れませんが、凄く頑張ってるなと思いました。
今日もやろうと思っているのですが、たった5分で凄く汗をかいてしまったのでもうやりたくないという気持ちもあります。キレイモ 店舗 東京

子供の代わりに親が罰を受ける、アメリカの法律に思うこと。

アメリカ・ニューヨーク州にある街で、ちょっと変わった法律が施行されて話題を呼んでいるそうです。
何でも、子供がいじめを行ったら親が代わりに罰金を払ったり懲役刑を受けることになるのだそうで、いじめの抑止力としての効果を狙ったものだとか。
日本ではこういう法律が施行されることなどありえないな、と思うと同時に、確かに抑止力はありそうだと思いました。
ちょっと過激だとは感じますが、私はこの法律に賛成です。
こういう法律が施行される背景には、どんなにいじめを阻止したくでもできないという背景がおそらくあったに違いなく、苦肉の策ということでしょう。
親の監督不行き届きのゆえに子供がいじめを行った、ということが嫌でも明るみに出てしまうわけですし、一層親が子供の挙動に目を光らせる結果になると思います。
子供のことは子供同士で解決するのが一番、などと言っていられないほど、昨今のいじめは陰湿でもはや犯罪の域に達してるものも少なくないと言います。
日本でも過激ないじめのニュースがたびたび報道されますが、いっそこうした法律が施行されて、親が子供の問題に嫌でも向き合う状況がもっと増えたらいいのにと思いました。